toggle
2017-02-07

保護犬 歩(あゆむ)の記録! フサフサになりました。


保護犬 歩(あゆむ)の記録! フサフサになりました。
今思えば何だったのでしょうねぇ・・・?

全く毛のない状態で保護された歩(アユム)の里親募集の写真とプロフィールを見た時、このワンコは我が家にピッタリ!幸せに暮らせるからおいでよ~と心が突然動いたのは。
 
とは言え犬を飼ったのは30年も昔、しかも屋外での飼育。室内で飼うと言うのはどういう事?はたして皮膚のケアはできるのかしら??など不安もいっぱいでした。
 
Kotakunaさんの手厚いケアである程度まで皮膚が回復し、D-PLACE木村さんにも質問し、これなら大丈夫受け入れ態勢OK!となったところで昨年1月末の1週間のトライアル後、そのまま家族になった通称アユ君。
 
我が家に来てからはハナ動物病院の太田先生に心配事はまず相談。それぞれの専門分野の方々がタッグを組んで保護犬と里親の双方が安心して幸せに暮らせる情報と環境を整えて引き継いでいくというシステムですので、不安は全てクリアした状態でした。そこがシンデレラの魅力ですね!何かあったら相談できる心強さがあります。
 
さてアユはと言えば、トイレは3ヶ月くらいで完璧!!今ではシートが汚れると取り替えてくれと教えに来るほどのきれい好き。年寄りでボーっとしているのかと思えば、人の目をしっかり見て考えるとっても賢い犬。孫がどんなにちょっかいを出しても吼えることもない大人の振る舞い。昨年末の里帰りトリミングでは、毛玉ができるほど毛が増えたとお誉め(?)の言葉とともに立派な体重になったねとのお言葉もいただいたアユは、我が家にとってベストマッチなワンコでした。
 
こんな素敵な出会いはシンデレラの活動を広めることでより多く生まれてくるのだと思います。
 
皮膚病で毛の無い状態からフサフサへの変貌
 
現在では、事務所の看板犬にもなったアユを通して、シンデレラプロジェクトの活動を多くの方に伝えていきますよ!
 
文責:森居睦子(企業サポーター、(株)中山ピーオーピーセンター)


〜シンデレラプロジェクトはプロフェッショナルメンバーで力を合わせて活動しています〜

里親&企業サポーター:(株)中山ピーオーピーセンター
㈱中山ピーオーピーセンター

一時預かり&施術サロン:dogsalon KotaKuna
kotakunaバナー

医療サポート:ふく動物病院
ふく動物病院

アドバイザー:ハナ動物病院
ハナ動物病院

アドバイザー:D-PLACE
D-PLACE

情報拡散サポート:AtomicWorks
banner


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「日本語が含まれない」「URLが4つ以上」の投稿は無視されます。(スパム対策)