toggle
2016-07-30

保護犬リュックの記録!幸せに暮らしています


保護犬リュックの記録!幸せに暮らしています

保護・・・そして成長を期待して

リュックは保護された直後、音に敏感に反応し極度のビビリな性格でした。しかし推定年齢が3歳と若いこともあり当団体、木村の店でリュックのペースに合わせてゆっくりトレーニングを開始しました。

最初の目標

今のままでは何かあった時脱走してしまいそうな状況なのでせめてもの軽いトレーニングから次の目標を設定

  • 散歩のトレーニング
  • 物音に慣れるトレーニング
  • トイレトレーニング

緊張しながらも頑張って毎日前進してくれてました。
1日目 ほとんど外は歩けず、しっぽはずっと入りっぱなし。自転車と車、物音が怖すぎて外へも出てもただ周りを見渡すだけ。おトイレも怖々。
2日目 少し緊張は和らいだようだが、まだまだ…お店のプレイルームでも腰を降ろして休む余裕もない。でもお散歩はゆっくり歩けるようになりました。
3日目 部屋の中でもマーキングが減っていき、まだ失敗もあるもののシートにおトイレできるようになってきてました。上手にトレーニングしないと排泄も怖がっておトイレシートにしなくなってしまいそうな子。ここは慎重に行っていました。お散歩は並足で歩けるように、尻尾も上がり、最初は上れなかった階段も上れ、おやつも手から食べれるようになりました。
4日目 お店でも大分リラックスできるようになってきましたが、物音に敏感で深い眠りにはつけないみたい・・・。でもここが安心な場所と認識してもらいたい。
5日目 お店のプレイルームでお昼寝できるようになりました。この寝顔を見れた時が幸せでした 若いリュックは成長も早ったです。

いろいろ経験しました

極度のビビリだったリュック。トイレトレーニングとお散歩トレーニングは順調に進みました。色々な物音にもだいぶ慣れてきました!ただ、トリミングはもう少しトレーニングが必要。トリマー2人がかりでないと洗えませんでした。月2回のシャンプーとテリア犬種はトリミングナイフで毛を抜いてお手入れをする「プラッキング」という施術をしてトレーニングしました。歯磨きや心配だったマイクロチップの挿入、初めての雪遊びまでいろいろ経験しました。この頃判明してきたのが男性が苦手なようです。昔何かあったのかもしれません?

トライアル、そして・・・

2014年2月末、リュックはトライアルへ行きました。(※トライアル:新しい家族とのお試しお泊り生活をすること)そして・・・。
みんなの願いをリュックサックに沢山詰め込んで幸せになって欲しい!そんな願いから「リュック」と名付けてから5か月。無事トライアルを終え、この度新しい家族が決まりました。先住犬にシェパードのお姉ちゃんがいるおうちに弟として向かい入れて頂くことになりました。男性の飼い主様の元へといくことになりましたが、もうべったりです。今までの男性を警戒していのは一体なんだったのでしょうか(笑)。トライアル中も沢山いろんなところに連れて行ってもらったようで、新しい飼い主様といるリュックは楽しくて仕方ない様子がよく伝わってきました。トイレトレーニングも呼び戻しも、クレートトレーニングも完璧にしてからの譲渡だったので新しい飼い主様からも「トライアル中も何も苦労することなかったです!」というお言葉を頂けました。長期の預かり期間でしたが、リュック、とても頑張ったね、これからはべったりみんなに甘えてね。君はスーパーシンデレラボーイだっ!!

その後のリュックは・・・

シンデレラプロジェクトの卒業犬のリュックは、新しい飼い主さんの元でのびのび幸せに暮らしています。飼い主様より写真がいっぱい送られていました!保護した時は外なんて一歩もあるけないくらいビビりだったのに、今はとっても表情豊かに私達も見ていて胸がいっぱいになります。実はリュックをシンデレラへ導いてくれたお手伝いをして下さったのは第1号卒業犬『キャプテン』の飼い主様。ちょこちょこキャプテンとも会っているリュックは本当に幸せ者!本当にいいご縁をありがとうございました。先住犬のシェパード、ハウちゃんとも今ではこんなにくっついて仲良し。ハウちゃんと仲良しリュックやはりやんちゃな君に姉は必要だったね(笑)。

預りサロン
D-PLACE

 
情報発信協力
banner
 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「日本語が含まれない」「URLが4つ以上」の投稿は無視されます。(スパム対策)