toggle
2016-04-23

保護犬ミルキーの記録!病院の姫として


ふれあい犬として

ミルキーは、この子は「ふれあい犬」としてセンターで二年間お勤めをしていました。
ふれあい犬とは?動物愛護センターの方は小さな子供たちに命の大切さを教えるセミナーを幼稚園屋や学校で行ってくれています。その際にセンターへ放棄されてしまった子たち数頭をおりこうさんにトレーニングし、ふれあい犬として一緒に学校へ訪問するのです。実際ワンコに触れることで命の大切さの認識を高めてもらうお仕事をしています。隊員優秀だったミルキーも2年間の任期を終え引退、新しい里親探しを始めたところでした。私達が2014年12月センターよりレスキュー致しました。

活動メンバーが迎え入れることに

真っ白でかわいいミルキーちゃん。実際ミルキーに会って、美人さんでおりこうさんな目の当たりにされた当団体活動メンバーの獣医師がそのミルキーに一目惚れ。
というわけでこの度府中の森動物病院の院長先生の元へ行くことになりました。

シャンプー前にお散歩~♪
ちょっといつもと違う景色にとまどってる?!
001
さ♪キレイキレイになったし、先生のところへ行くの前にお茶でもしますか?活動メンバーでもあるカフェトロアシアンさんへ寄り道♪カフェデビューもしちゃいました☆

ご覧の通り楽しんでおります!そしていい子!!
002
クリスマスツリーの前でもぱしゃり!
003

004

すごく嬉しそうなミルキー

今年は暖かいクリスマスを迎えることになってよかったね。今後は先生の病院の看板娘としても、そしてシンデレラプロジェクトとしても悲しむ犬がいない社会にして行くお手伝いをしてね!当日団体としても初の女の子の卒業生の子となりました。ミルキーにとっては新しいご家族がなによりのクリスマスプレゼントだったかもね。動物愛護センターの方もミルキーとのお別れは寂しかったようで、ずっとビデオカメラをミルキーに向けてらっしゃったのが印象的でし(;_;)ずっと一緒に活動されていたから別れは辛いですよね。でもミルキーは前向きにまた進み始めています。これからもみ見守ってくださいね!!

トリミング担当
D-PLACE
 
新しい飼い主
府中の森動物病院
 
情報発信協力
banner
 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「日本語が含まれない」「URLが4つ以上」の投稿は無視されます。(スパム対策)