toggle
2017-02-17

春一番、保護犬テディ君のシンデレラトレーニング!


春一番、保護犬テディ君のシンデレラトレーニング!
こんにちは、シンデレラトレーニングサポーターPuppyBeansです。
 
ご依頼がありましたトレーニングサポート対象は、は アイドッグレスキュー隊 のテディくん(トイプードル、オス、推定5歳)です。まだ預かりママさんの元に来て日にちの浅いわんちゃんです。
 
今回は、預かりをしていただいています、ママさんとお話をして...
 
● 一緒に暮らしているコロンくんとの丁度いい距離感の保ち方
● テディちゃんとの付き合い方
●それ止めてね、の言葉を理解する
 
をメインに練習しました。
 

◆テディくんとコロンくんのちょうどいい距離感の保ち方とは?

わんちゃん同士の性格や体格、その時の気分で落ち着いていたり、身体全体で表現したりとわんちゃんの気分はわんちゃんそれぞれ。「心地いい」も変わってきます。わんちゃんのペースを無視して近くに寄られ過ぎてもストレスがかかりますし、だからといって一緒に暮らしているのにずっと触れ合わないのも、もったいない気がします。
 
そのために、預かりママさんにテディくんとコロン君、「どちらもストレスにならないようは距離感」を探して保つサポートする方法をお伝えしました。
 
※編集者追記
ヤマアラシのジレンマ(新世紀エヴァンゲリオン第4話のサブタイトル「ハリネズミのジレンマ」でご存知の方も多いかも知れませんね(^o^))ヤマアラシは身体を覆う針があるため、相手と近寄りすぎると痛い思いをします。お互いの距離感が共存するのには不可欠だと言う哲学や心理学で言われていますひとつの例。人も犬もお互いに暮らしやすい距離が必要だと言う考えです。

◆テディくんとの付き合い方とは?

テディくんの元々の性格や、住んでいた環境、保護されるまでの過ごし方などわからないことがたくさんあります。そのため、何かに対してとても怖がったり、嫌がったり、大好き過ぎることもこれから発見することが多くあるかと思いました。様子を見ながらテディくんが無理しすぎないように預かりママさんがサポートできるようにお伝えしました。でも、できそうなことは「ちょっとチャレンジ!」もしてもらいました。無理しすぎないけど、ちょっとチャレンジすることでいろいろなことができるようになり、変化させていくことができます。
 

◆それ止めてね、の言葉を理解する

また、テディくんが可愛らしくマウンティングをするので、「それはして欲しくないんだよ」を伝えるための言葉を教える練習もしました。そうすることで、私たちが必要でない我慢をしない、ということもわんちゃんとの暮らしの中では大切なことだと考えています。テディくん、素敵な預かり家族さんと暮らして、安心しているいる様子がこちらにもとても伝わってきました。
 
テディ君に関して詳しくは 詳細情報 (一時預りさんのブログにリンクします。)を参照下さい。
 
彼を素敵な家族が見つけてくれますように私たちシンデレラプロジェクトは応援しています。(次回に続きます)
 
文責:ふじさきゆうこ(トレーナー、PuppyBeans 代表)


〜シンデレラプロジェクトはプロフェッショナルメンバーで力を合わせて活動しています〜

トレーニングサポーター:PuppyBeans
Puppy Beans

情報拡散サポート:AtomicWorks
banner


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「日本語が含まれない」「URLが4つ以上」の投稿は無視されます。(スパム対策)