toggle
2016-12-11

爪のメカニズム~爪の長さって?-動物病院院長がお答えします!


爪のメカニズム~爪の長さって?
こんにちは。多摩市のこうご動物病院、院長のこうごです。
 
今日は爪のお話しです!

爪は足先の皮膚(表皮)が角質化したものです。

人間の爪と同じく、ワンちゃん、猫ちゃんの爪も伸びますので定期的に爪を切る必要があります!!ちゃんとおうちのコの爪を切っていますか?
 
ワンちゃんであれば散歩の頻度やどのような所で散歩しているかによって爪の伸びの個体差は多少ありますが、大体は1か月に1度が切る目安でしょう。見た目で判断するとしたら、爪が地面に着くくらいになった時が切るときだと思ってもらうといいかもしれませんね♪(ただし、前足の親指の部分の爪や狼爪と呼ばれる後ろ足の親指の部分の爪(あるコとないコがいます)は地面と接しませんのでご注意を。)
 
図解(爪切りの目安と爪のメカニズム)
爪きりをしないと爪はどんどん伸びてしまいます。

し・か・も、、、爪だけでなく爪の中の血管まで伸びてしまいます!!

そうすると爪を短く切ることができなくなってしまいます。

長くなった爪は何かにひっかけて取れて出血(泣)、、、なんてこともあるので定期的に切ることをおススメいたします!
 
ワンちゃん、猫ちゃん用の爪切りを使って切れればいいですが、うまくいかないときにはトリミングサロンや動物病院でやってもらうといいですね。
 
文責:向後亜希(獣医師、こうご動物病院院長)


~シンデレラプロジェクトはプロフェッショナルメンバーで力を合わせて活動しています~

こうご動物病院
こうご動物病院

情報拡散サポート:AtomicWorks合同会社
banner


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「日本語が含まれない」「URLが4つ以上」の投稿は無視されます。(スパム対策)