柴犬の衣替え!夏の換毛期を快適に過ごして素敵に着替えましょう♪

美しい毛並みは柴犬の魅力のひとつですね!

しかし、その反面、柴犬は抜け毛が多いと言われています。

1年に2回訪れる春と秋の換毛期には、様々なトラブルが起きることもあります。

ここでは、特に暑さや湿度の高さが原因で起こりやすい夏の換毛期のトラブルを中心に、犬も飼い主さんも快適に過ごせるアイデアやコツをご紹介しますね。

柴犬は抜け毛が多いの?夏毛がスカスカになったら!?

柴犬を含め、ダブルコートの犬種(保湿保温をするアンダーコートと、剛毛で皮膚を保護するオーバーコートを持つ)は抜け毛が多いと言われています。

中でも柴犬は抜け毛が多く、夏毛に変わる換毛期にはスカスカになっているように見えることもありますが、アンダーコートがまとめて抜け落ちたことが原因です。

 柴犬の換毛期の時期は決まっている?時期がずれると心配?

柴犬の換毛期は、気温と日照時間で決まります。

一般的に1年に2回、春先から7月までにかけてと、秋口から11月頃にかけて訪れます。

しかし、同じ環境で生活していても、年齢や個体によっても違ってきます。

数週間のずれがあっても基本的には心配いりませんが、屋外に出ることが極端に少なく外気に触れていない場合や、ストレス、病気が原因で時期がずれることもあります。

気になる時は生活習慣を見直したり、かかりつけの獣医師に相談してください。

柴犬の換毛期!夏毛と冬毛では違いがある? 

夏毛に変わる春の換毛期、冬毛に変わる秋の換毛期はどう違うのでしょうか?

  • 柴犬にサマーカットは必要?
  • 梅雨の時期に気を付けること
  • 冬毛に変わるとき

それぞれの違いや気を付けることについて説明しますね!

柴犬にサマーカットは必要?

結論から言えば、柴犬にサマーカットは必要ありません

柴犬は被毛が伸びないため、夏毛をカットをすると、直射日光から皮膚を保護することができなくなってしまう恐れがあります。

梅雨の時期に気を付けること

換毛期と梅雨は、時期が被ることがあります。

湿度の高い梅雨の時期に抜け落ちたアンダーコートが皮膚に残っていると、湿気がこもり皮膚炎を起こす原因になります。

しっかりとブラッシングし抜けた毛を取り除いてください。

冬毛に変わるとき

冬を暖かく過ごすための秋の換毛期ですが、屋内で過ごす時間が長いと冬毛が生えてこないこともあります。

しっかりと外気に触れて寒さを感じるさせることも大切です。

柴犬の換毛期に多いトラブルについて

抜け毛の多い柴犬の換毛期にはトラブルが起きることもあります。

皮膚や胃腸のトラブルをはじめ、いつもと違う様子があると心配ですね。

  • アレルギーやアトピーによるかゆみ
  • 胃腸のトラブル
  • イライラした様子が見られたら?

それぞれのトラブルの原因と対応する方法を説明します。

アレルギーやアトピー性皮膚炎によるかゆみ

もともとアレルギー体質でアトピー性皮膚炎の犬の場合、換毛期に皮膚炎を起こしやすくなります。

抜け落ちた毛が長く皮膚に残らないよう、こまめなブラッシングをしてください。

ただし、アレルギー体質の犬の皮膚はデリケートです。

強すぎるブラッシングで皮膚を傷つけることのないように、くれぐれも気を付けてくださいね。

胃腸のトラブル

換毛期に、抜けた毛を多く飲み込んでしまうと食欲不振や嘔吐の原因になることがあります。

しっかりとブラッシングすることで、抜け毛の飲み込みを防ぐことができます。

イライラした様子が見られたら?

換毛期は体力を消耗しやすく、イライラして噛みついたり吠えたりすることが増える犬も見られます。

普段以上に栄養管理や気分転換に気を付けてあげてくださいね。

柴犬の換毛期のケアのコツは?

抜け毛の多い柴犬の換毛期は、犬自身も飼い主さんにとってもストレスが多いですね。

  • ブラッシングの頻度
  • 適切なシャンプーの頻度とコツ
  • おすすめ便利グッズは?

少しでも快適に換毛期を過ごせるように、ケアのコツやおすすめ便利グッズをご紹介します!

ブラッシングの頻度

換毛期のブラッシングは、皮膚を正常に保つためにも毎日行ってください。

犬が嫌がらないようなら、1日に2、3度行ってもよいでしょう。

適切なシャンプーの頻度とコツ

柴犬のシャンプーは月に1度くらいでよいでしょう。

それ以上行うと、皮脂を取りすぎてしまうことになり、トラブルの原因になります。

しかし、シャンプーは換毛期に抜け落ちたアンダーコートを一度にさっぱりと流し取ることができ、皮膚を清潔に保つために効果的です。

シャンプーの際は、最初にしっかりと地肌まで濡らすことが大事です。

シャンプーはそのまま付けるのではなく、あらかじめ泡立てて使いましょう。

可能なら2度洗いがおすすめです。

すすぎは丁寧に!

アンダーコートにシャンプーを残さないように気を付けてくださいね。

おすすめ便利グッズは?

柴犬のケアには柴犬専用のブラシを使うのがおすすめです。

特に、アンダーコートをしっかり取りきることができる、金属製のスリッカーブラシはおすすめです。

もし固めのピンを嫌がるようなら、柔らかいラバータイプのブラシを試してください。

ラバータイプにはマッサージ効果もあります!

イライラしない!柴犬の換毛期を快適に過ごすお掃除テクニック

普段は毛並みの美しい柴犬ですが、換毛期の抜け毛のお掃除に困ってしまう飼い主さんは少なくないようです。

まめに掃除機をかけることや、コロコロ粘着シートを使うことはもちろんですが、コロコロシートでも取りきれないカーペットの抜け毛は、ゴム手袋を付けてこすることで取れます。

お試しください!

飼い主さんの中には、「抜け毛の絡まりやすいカーペットをやめてフローリングにした」「逆に柴犬の毛の色に合わせたカーペットを敷くことで抜け毛を目立たなくした」など、柴犬愛がうかがわれるエピソードも。

まとめ

季節によって衣替えのように換毛期を迎えるのも、四季のある日本古来の犬種である柴犬の魅力です。

柴犬の換毛期をトラブルなく過ごすには、とにかく「ブラッシング」につきます。

いざ換毛期になったときに犬が嫌がらないために、日ごろからブラッシングでスキンシップをとることも大切ですね。

適したブラシを使って、正しいブラッシングケアで換毛期を乗り切ってくださいね!

最新情報をチェックしよう!