柴犬の換毛期がこないのはなぜ!?その理由や対策と換毛期についての説明!

我が家の愛犬に換毛期が来ない!

最近このような悩みをよく耳にします。

柴犬は“春と秋”に換毛期を迎える犬種です。

夏になっても冬毛のまま、冬になっても夏毛のまま…。

飼い主さんが悩むのも最もです。

換毛期がこないということは、柴犬の体温調節に影響します。

夏場に冬毛、冬場に夏毛…というのは、人間でいうと夏にコートを羽織り続けたり、冬にTシャツ一枚で過ごすのと同じです。

犬は人と違って汗が出ません。

その分、毛の量で体温調節をしています。

そのままだと熱中症や風邪にかかりますよね?

今回は「柴犬の換毛期と、換毛期にまつわるトラブル」についてご説明していきます!

柴犬の換毛期~その役割って?~

柴犬と運動をすると、舌を出し「はぁはぁ」しますよね?

これは柴犬の、目いっぱいの涼み方です。

せめて舌だけでもひんやりしたい。

そのくらい柴犬は体温を調節することが苦手なので、その分毛の量で暑さ・寒さ対策をします。

これが「換毛期」を迎える大きな理由です。

換毛期の疑問について下記にまとめました。

  • ダブルコート・シングルコートの違い
  • 換毛期はなぜ来るの?

ひとつずつ説明していきます。

ダブルコート・シングルコートの違い

柴犬はダブルコートの犬種です。

ダブルコートは“皮膚を保護するオーバーコート(上毛)”と“体温調節を担うアンダーコート(下毛)”に分かれます。

換毛期には、このアンダーコートが生えたり、抜け落ちるというわけです。

なお、シングルコートの犬種はアンダーコートを持たないため、人の髪の毛のような不定期な生え変わり自体はあるものの、換毛期がありません。

換毛期はなぜ来るの?

換毛期は、犬の「衣替え」です。

犬にとっての自分の毛は、洋服そのものです。

前述のように汗のかけない犬が春と秋に換毛することは、体温調整はもちろん、地肌のムレ・かぶれなどの健康トラブルも回避します。

夏場・冬場を快適に過ごすため、犬にはとても重要なんです。

換毛期がこない…その理由と対策

このように、ダブルコート犬にとって、換毛期は一大イベントです。

ですが最近「換毛期がなかなか来ない・ずれる」といった声や「そもそも換毛期が来ない」という飼い主さんの悩みを耳にします。

これらの「換毛期問題」は、なぜ起こるのでしょうか?

  • 柴犬が換毛しない!そのわけとは?
  • ベストな換毛期を迎えるには
  • 柴犬の換毛期はいつまで続くの?

この3つに分けて説明していきます。

柴犬が換毛しない!そのわけとは?

柴犬の換毛期に必要なものは、ズバリ「気温の変化」と「日照時間」、つまり自然下での暮らしそのものです。

室内飼いされる飼い主さんも、今は多いと思います。

おそらく柴犬を思い、エアコンをかける方が大多数だと思います。

一定の気温、日中の散歩を避けがちだと、柴犬の季節感は狂います。

換毛期が遅れたり、一向に始まらない理由はそこにあるんです。

ベストな換毛期を迎えるには

ベストな換毛期を迎えるために、柴犬に「今の季節」をきちんと理解してもらいましょう。

昼間、適度な暑さの際は、散歩に連れて行って外気に触れさせ、室温と外気温の差がなるべく大きくならない設定にしてください。

ついつい愛犬のために、夜間涼しくなってから散歩をしたり、エアコンをフル稼働させたりしてしまいますよね、

それが逆に、愛犬を困らせてしまう原因にもなるんです。

熱中症などの体調不良にならないようにすることも大事ですが、程よく季節を感じられるようにしてあげてくださいね!

柴犬の換毛期はいつまで続くの?

このように、柴犬が季節感を感じ取れれば、春までには夏毛に、秋までには冬毛にきっちり生え変わるでしょう。

換毛期は約一か月間です。

アンダーコートが生える冬場より、脱毛する夏場の方が、そのケアに手間がかかります。

想像以上にごっそり抜けるので、外出の際などにアレルギー持ちの方に迷惑をかけないよう、きっちりとケアしてあげましょう。

 

換毛期の柴犬をお手伝いする方法

今回は主に、春先に起きる夏毛への換毛期に焦点を当ててみます。

柴犬自身のため、そして周囲の人に迷惑をかけないよう、飼い主さんの換毛期ケアはとても重要です。

具体的なケア方法

  • 柴犬をシャンプーしてあげよう
  • ブラッシングが必要なわけ
  • その他のお手伝い方法

について解説します。

柴犬をシャンプーしてあげよう

換毛期のシャンプーにはコツがあります。

シャワー前には毛が絡まらないよう、まずブラッシングで毛玉を取りましょう。

オーバーコートをかき分け、地肌を中心に優しく洗うだけです。

シャワーの後は蒸れやすいので、キッチリ乾かしてあげます。

シャンプーは抜け毛も洗い流せて柴犬も清潔になる、一石二鳥の方法です。

ブラッシングが必要なわけ

ブラッシングは換毛期でなくても、習慣づけてあげましょう。 

普段から慣れていないと、柴犬が怖がってしまいます。

ブラッシングで地肌を刺激することで換毛も促せますし、何より抜け毛をいちいち掃除する手間も省けます。

公園など公共の場でのブラッシングは、基本的にマナー違反です。

必ずご家庭内で行いましょう。

その他のお手伝い方法

春~夏場によく見かける、犬の「サマーカット」。

柴犬自身も涼しく過ごせ、換毛期ケアも楽になります。

一方、地肌に直接紫外線が当たるので、外出時は日よけ対策が必要です。

服を着せるという方法もあります。

ショップには、夏用の風通しのいい服も販売されています。

ただ、服を着るのに慣れていない柴犬に、無理強いをするのはストレスがかかってしまうためよくありません。 服を嫌がる柴犬には、サマーカットをしないというのも選択の一つです。

柴犬が換毛期に痒がる…病気の疑いも

 夏場の換毛期は時期的にもジメジメしており、一年の中で一番、皮膚疾患が起こりやすい時期でもあります。

「換毛期と間違えて、愛犬の病気に気付かなかった!」といったことのないよう、病気の疑いがあるケースについて

  • 皮膚疾患の見分け方
  • 柴犬の毛が抜ける!その他の疾患
  • 老犬の柴犬に気を付けるべきことをまとめてみました。

皮膚疾患の見分け方

換毛期でも、地肌が見えるほどスカスカになる、発疹やただれがある、柴犬が異様に痒がる、そんな仕草を見せたら要注意です。

さらに臭いがきつくなり、フケが出たら、動物病院への受診を強くお勧めします。

柴犬の毛が抜ける!その他の疾患

柴犬に多く見られる皮膚病は「犬アトピー性皮膚炎」「食物アレルギー」「膿皮症」の3つです。

「犬アトピー性皮膚炎」「食物アレルギー」が発症すると、身体をこすりつけたり、噛む、なめるなどの行為が見てとれます。

ただれた皮膚が露出すればするほど、激しく痒がり脱毛してしまうので、獣医さんに診てもらう以外の方法はありません。

「膿皮症」は細菌による皮膚の炎症です。

フケ・赤斑・ただれ、進行すると膿がたまり、次々に毛が抜けてしまいます。

この病気は、柴犬を清潔に保つことで予防できます。

ただ、発症するともちろん素人の手には負えず、獣医さん頼みです。

愛犬のためにも、日ごろから清潔を保てるよう気づかいましょう。

老犬の柴犬に気を付けるべきこと

老犬を気づかうポイントは、換毛期の脱毛か、それとも別の理由で脱毛しているかの見極めです。

柴犬だけでなく、どんな動物も老化が進むと、身体が弱ります。

大切に過ごしたパートナーなら、愛犬の異変にはすぐに気づくでしょう。

老犬は認知症を抱えることも多く、なかなか自分から異変を訴えづらくなります。

脱毛に少しでも違和感を感じたら、すぐに病院に連れて行ってください。

まとめ

柴犬の換毛期は、野生下で暮らしていたときの名残です。

飼い主さんが「良かれ」と思っても、正しい知識がないと、逆に柴犬を苦しめてしまいます。

夏も冬も、愛犬と元気に過ごせるように、ぜひともキメ細やかなケアを忘れないでくださいね。

最新情報をチェックしよう!