トイプードルは寒さより暑さに弱い?おすすめの暑さ対策グッズを紹介します!

まるで、ぬいぐるみのようなビジュアルのトイプードル。

賢くて飼いやすく、日本でも大人気の犬種ですね。

また、毛が抜けにくい体質で、ケアがしやすい利点もあります。

しかし、この利点が夏場には弱点となってしまうのです。

トイプードルは、暑さが苦手な犬の中でも特に注意が必要な犬種です。

さらに被毛の構造上、寒さにも弱いと言われています。

ご自身の愛犬が、「知らず知らずのうちに気温で辛い思いをしていたら…」と思うと怖いですよね。

そこで今回は、

  • トイプードルが暑さ・寒さにどれくらい弱いのか
  • 暑さ対策グッズ

などについてご紹介します!

トイプードルは暑さ・寒さに弱いの?

トイプードルは、シングルコートと呼ばれる1層の毛で覆われているタイプです。

そのため、換毛期はダブルコートの犬種に比べて、抜け毛が少ないのです。

つまり、1年中毛皮のコートを着ているような状態になり、夏は暑さには十分気をつけなければなりません。

  • トイプードルは暑がりで暑いのが苦手!
  • トイプードルは寒さも苦手?何度までなら大丈夫?

一方で、トイプードルは他の犬種と比べて寒さにも弱いとされています。

シングルコートは被毛の密度が少ないため、外気の影響を受けやすく、冬の冷気にも敏感になります。

ここでは、繊細なトイプードルの暑さや寒さについて解説します!

イプードルは暑がりで暑いのが苦手!

小型犬のトイプードルは汗腺がなく、汗をかいて体温調節をすることが難しくなります。

そのため、「パンティング」という呼吸法で、体内の熱を外へ出そうとします。

しかし高温多湿の場合、唾液が蒸発しづらいため、体温が下がらず熱中症になってしまうケースがあります。

トイプードルは寒さも苦手?何度までなら大丈夫?

トイプードルの特徴であるモフモフの毛は、冬には暖かそうに見えますよね。

ところが、この被毛の構造のせいで、寒さに敏感になっています。

保温性が低いシングルコートのトイプードルは、寒さも苦手なのです。

また、体高が低いので、下に溜まる冷気に触れやすく、寒がりになっていると考えられます。

いずれにしても、十分なケアが必要ですね!

 

トイプードルは暑さにどれくらい弱いの?

室内で飼われるトイプードルは、外気に触れる時間が短く、暑さに慣れていません。

そのため、室温やお散歩中などの熱中症対策が、欠かせませんね。

  • トイプードルの室温の適温は何度?
  • トイプードルの夏バテ・熱中症に注意
  • トイプードルの夏!夜寝る時や散歩はどうしたらいいのか
  • うちのトイプードルは大丈夫?犬の熱中症の軽度の症状と回復について

トイプードルが夏を快適に過ごせるように、飼い主さんに知ってほしい対策をご紹介します!

 

トイプードルの室温の適温は何度?

おすすめの設定温度は、23℃から28℃と言われています。

ただし28℃は、トイプードルにとって少し暑く感じているかもしれません。

そこで、湿度を50%くらいに下げてみてください。

室温だけではなく、湿度を調整してあげると、より快適になりますよ。

トイプードルは、寒がりさんでもあるので、冷やしすぎないことも大事です!

 

トイプードルの夏バテ・熱中症に注意

どんなに気をつけても、夏バテ気味だったり、熱中症のリスクはあります。

特に、生まれたばかりの子やお年寄りのトイプードルには、注意が必要です。

人間と同じく、体力が弱い抵抗力の低い状態になると、熱中症の危険が高まります。

日頃から飼い主さんがよく観察して、異変にすぐ気づいてあげるようにしましょう。

 

トイプードルの夏!夜寝るときや散歩はどうしたらいいのか

猛暑の夏は、夜になっても気温が下がらず、エアコンをつけたままにすることが多いですね。

そんな日はトイプードルにとっても、寝苦しい夜になっています。

寝ている時でも熱中症になる恐れがありますので、エアコンはつけたままにしましょう。

併せてクール素材のベットに変えてあげると、より快適な寝床になります。

 

夏のお散歩は、暑さに弱いトイプードルには負担が大きいです。

直射日光で熱せられたアスファルトは、60℃以上になると言われています。

その地面から近い高さのトイプードルの体には、あっという間に熱がこもってしまいます。

一度熱がこもると、放出することが難しいため、大変危険です。

また灼熱の道路を素足で歩かせると、肉球を火傷する恐れがあります。

お散歩に行く時は、靴を履かせたり、日陰が多いルートを選んでみましょう。

日中を避け、気温が上がる前の早朝や、夜21時以降が良いかもしれませんね。

うちのトイプードルは大丈夫?犬の熱中症の軽度の症状と回復について

熱中症といっても症状は様々ですが、大事なのは飼い主さんが素早く異変に気づくことです。

「うちの子は大丈夫!」と思わず、注意深く見守りましょう。

熱中症の軽度では、、食欲不振・下痢・発熱・反応が鈍い・元気がない・よだれが多い・落ち着きがないといった症状が現れます。

このような症状がみられたら、すぐ涼しい場所に移して身体を冷やしてください。

お水を飲ませて、氷のうで太い血管が通るところを冷やします。

軽度ならば応急処置で回復するかもしれませんが、必ず獣医さんに、受診すべきか相談してくださいね!

 

トイプードルの暑さ対策グッズ

エアコンの使いすぎは、体調面や電気代などが気になってきますよね。

そんな時は、暑さ対策グッズの出番です!

お手軽な暑さ対策グッズで、猛暑を乗り越えましょう。

  • そもそもペットの暑さ対策で扇風機のみ・エアコンなしはどうなの?
  • 保冷剤よりペットボトルがおすすめ!ゼロ円でできる犬の暑さ対策グッズ
  • トイプードル編!犬の夏の暑さ対策ができる服の選び方
  • 犬の首に巻くタイプの暑さ対策グッズもある
  • トイプードルの老犬の暑さ対策はどうしたらいい?

ここでは、おすすめの暑さ対策グッズやお洋服の選び方をご紹介します!

 

そもそもペットの暑さ対策で扇風機のみ・エアコンなしはどうなの?

30℃以上の夏日は、エアコンなしでは過酷ですよね。

暑さに弱い犬は、エアコンなしでは熱中症になってしまいます。

扇風機のみでは、室内が涼しくなりにくいため、おすすめできません。

さらに扇風機の風は、犬にとっては、それほど快適ではないのだそうです…。

 

保冷剤よりペットボトルがおすすめ!ゼロ円でできる犬の暑さ対策グッズ

ゼロ円でお手軽な暑さ対策には、冷凍ペットボトルがおすすめです。

水を入れて凍らせたペットボトルを、専用の保冷袋やタオルに包んで置いておくと、周りが涼しくなってきます。

保冷剤でもよさそうですが、中には犬が中毒を起こす成分が入っているため、誤飲の恐れあり、おすすめできません。

特に、噛み癖がある子には、十分注意してくださいね。

トイプードル編!犬の夏の暑さ対策ができる服の選び方

シングルコートのトイプードルには、夏でもお洋服を着せてあげる必要性があります。

とはいえ、暑い日にお洋服はかわいそうと思ってしまいますよね。

しかしお洋服には、紫外線から皮膚を守ったり、体温の上昇を和らげるなどのメリットがあります。

夏場は、通気性の良いメッシュ素材のお洋服を選んで、着せてあげましょう。

犬の首に巻くタイプの暑さ対策グッズもある

犬用保冷剤をバンダナで包んで首に巻いてあげると、暑さ対策に効果的です。

ただし、市販の保冷剤には「エチレングリコール」という有害成分が含まれているので、犬には使用しないでください!

また、ペットショップで販売されているネッククーラーもおすすめです。

首周りが適度に冷やされて、熱中症予防になり、取り外しも簡単にできます。

トイプードルのサイズに調節できるタイプもあるので、要チェックです!

トイプードルの老犬の暑さ対策はどうしたらいい?

トイプードルは、老犬になると体の水分量が減ってくるため、十分な水分補給が不可欠です。

筋力低下によって動くことがつらくなると、自分でお水を飲みに行かなくなることもあります。

その場合は、飼い主さんが口の近くまで持っていき、飲ませてあげましょう。

お散歩は運動不足解消のため、涼しい時間帯や場所を選んで、適度に行うことがベストです。

より細かい暑さ対策で、十分なケアをしてあげてくださいね。

まとめ

トイプードルは飼いやすい犬種ですが、とても繊細な一面があることが分かりました。

夏の暑さに負けないように、様々なケアが必要ですね。

お洋服を着せてあげるのは、ただ可愛らしくなるだけではなく、皮膚を守る目的もあります。

寒さも苦手なトイプードルが、一年中快適に暮らせるように工夫することが大切ですね。

最新情報をチェックしよう!