猫の長時間のふみふみはなぜ?可哀そうと思ってしまうけど大丈夫?

猫好きな人が、思わずキュンとする猫のふみふみ。

前足を交互に動かすふみふみ行動は、なんともいえない可愛さですよね。

ところで、なぜ猫がふみふみするのか不思議に思ったことはありませんか?

ただ可愛いだけではなく、ふみふみ行動にも意味があるのです。

また、どんなに可愛いくても、長時間のふみふみは心配になりますよね。

今回は、猫のふみふみ行動についてご紹介します!

猫がふみふみする理由は?長時間(長いふみふみ)するのはなぜ?

猫が夢中になってふみふみしているのは、いくつかの理由があります。

  • 食べ物をねだる時
  • 飼い主さんに甘えたい
  • 眠くなった時
  • 長時間のふみふみはなぜ?

猫が伝えたいことを理解して、優しく見守ってあげましょう。

食べ物をねだる時

お腹がすいて、おやつをおねだりする時に、ふみふみします。

生後間もない子猫は、母猫のお乳を飲む時に、前足でふみふみしています。

その名残で、お腹が空いているとアピールする時にふみふみすると言われています。

飼い主さんに甘えたい

産まれてすぐに母猫と離れて育てられた子にとって、飼い主さんは母親のような存在です。

甘えたい時や遊んでほしい時に、ふみふみして気を惹こうとしています。

こんなに可愛いくアピールされたら、飼い主さんも愛おしくなりますよね。

眠くなった時

遊び疲れて眠くなってくると、毛布などにふみふみし始めます。

そして、そのまま寝てしまう姿は、可愛さの極みです!

ウトウトしながらふみふみしたら、静かに寝かせてくださいね。

長時間のふみふみ行動はなぜ?

猫が一心不乱にふみふみする姿は、ちょっと心配ですね。

長時間のふみふみは、パーソナルスペースを主張していると考えられます。

元々猫は、縄張り意識が強いです。

新しい猫ちゃんをお迎えした時など、自分の居場所や優位性をアピールするために、ふみふみします。

寂しさを感じていたり、気持ちを落ち着かせるための行動です。

いつもより長いと思ったら、猫が安心できるためにできることはないか、注意深く見守ってあげましょう。

猫がふみふみする場所

猫のふみふみ行動は、様々な場所で見られます。

どんな場所でも、愛おしい猫のふみふみ♪

実は、その場所にも意味があるのです。

  • 床にふみふみ
  • 飼い主さんにふみふみ
  • 布団やソファーにふみふみ

猫ちゃんは、ふみふみしながらどんな気持ちになっているのでしょうか?

床にふみふみ

猫が床にふみふみする姿は、狩りをする前の仕草と似ています。

つまり、本能で獲物を捕えるような気持ちになっていると言われています。

何かを狙っているのかもしれませんね。

そんな時は優しく見守り、危険なことをしそうな場合は止めてあげましょう。

飼い主さんにふみふみ

飼い主さんの身体にふみふみする時は、リラックスしている証拠です。

特に、お腹や太ももなど、柔らかいところを好む猫ちゃん。

お気に入りの人には、ふみふみしながら甘えているのです♪

時には、気持ちよくなって、思わず爪を出してしまうことがあります。

怪我をしないように、日頃から爪のケアをしてあげてくださいね。

布団やソファーにふみふみ

猫のふみふみ行動が最も多い、布団やソファー。

その柔らかさは、母猫のお腹の感触に似ています。

そのため、居心地がよくリラックスしていると考えられます。

また自分の居場所や、お気に入りの物であることをアピールしています。

無理に毛布を取り上げたり、ふみふみを止めさせるような行為はNGです!

ふみふみ行動から分かる猫の気持ち!長いふみふみも「可哀そう」と思う必要なし?

猫がふみふみするのは、子猫の時の名残やリラックスしている時です。

それは、人の身体にふみふみする時も同じです。

  • 猫にふみふみされたらどうする?
  • 猫にふみふみされやすい人

飼い主さんにふみふみする時の、猫の気持ちになってみましょう。

長いふみふみでも、理由が分かれば安心できますよね。

猫にふみふみされたらどうする?

そのまま、ふみふみをさせてあげましょう。

猫にとって飼い主さんは、お母さんです!

ふみふみ行動は、猫の愛情表現の一つなので、優しく見守ってくださいね。

猫にふみふみされやすい人

家族の中で最も猫のお世話をしている人は、ふみふみされやすいようです。

猫にとって母猫のような存在で、心を開いている人にふみふみします。

また猫が好む素材のお洋服を着ていると、ふみふみされやすいのだそう。

とはいえ、初対面の人には難しいかもしれませんね…。

オス猫のふみふみ行動の意味

愛らしいふみふみ行動でも、オス猫の場合はどうなのでしょうか?

オス猫は、自分の優位性をアピールするためにふみふみします。

そのしぐさは、「マウンティング」行動と似ています。

複数の猫ちゃんの中で、ふみふみ行動を見せる時は、「自分が上だ!」とアピールしているのかもしれません。

もし他の猫と喧嘩になりそうな時は、止めさせましょう。

ただし、大声で怒鳴ったりしてはいけません。

その場から離してあげるだけで、大丈夫ですよ。

猫のふみふみは何歳まで続くの?

猫のふみふみ行動は、成長するにつれて変わってきます。

それは個人差があり、突然ふみふみしなくなる子や癖になっている子など様々。

  • 猫がふみふみを辞める理由
  • 大人の猫はふみふみしない?

ここでは、猫のふみふみ行動と成長について説明します。

猫がふみふみを辞める理由

まず考えられるのは、自立心が芽生えたこと。

成長の証でもあり、飼い主さんにとっても嬉しいことですよね。

特に、産まれた時から母猫に育てられ甘えてきた子は、自立心が育ち親離れします。

一方、生後すぐに母猫と離れてしまった子は、親離れの時期がありません。

個人差があるのは、そのような環境の違いがあるからなのでしょう。

また、ふみふみしたい物や場所がなくなると、辞めてしまうようです。

猫は、柔らかい座布団や毛布を好む傾向があります。

それらが見当たらない時は、ふみふみをしなくなると言われています。

大人の猫はふみふみしない?

全くふみふみしないわけではありません。

子猫の頃に、頻繫にふみふみしていた子は、癖になっていることもあります。

また大人になってから住居が変わると、リラックスできる場所を探してふみふみします。

飼い主さんが変わるなど、環境が大きく変化した時でも、安心できる場所を見つけてあげましょう。

猫のふみふみ行動で注意が必要なこと

猫のふみふみ行動は、リラックスしている状態であることを紹介してきました。

しかし、注意してほしい場合もあります。

時には、ストレスを発散させるために、ふみふみ行動をする子がいます。

  • 大人猫のふみふみは要注意!
  • ふみふみ行動から噛む行為は危険

飼い主さんが、注意深く見守ることが大切ですね。

大人猫のふみふみは要注意!

大人猫が突然ふみふみ行動を始めたら、ストレスのサインかもしれません。

大人になってから譲渡されるなど、環境の変化には敏感です。

慣れるまではふみふみをやめさせず、できるだけ自由にさせてあげましょう。

ふみふみ行動から噛む行為は危険

猫がふみふみしながら、毛布などを嚙んでいる様子を見たことはありませんか?

ふみふみ行動だけではなく、噛むような動作が伴う時は、注意が必要です。

強く噛むことで、布団が破れて綿が出てくると、飲み込んでしまう恐れがあります。

それを喉や気管に詰まらせると、大変危険です。

噛む癖がある場合は、破れにくい素材の物を使うようにしましょう。

まとめ

思わず撮影したくなる猫のふみふみ。

猫がリラックスしている状態で、安心して見ていられる仕草です。

しかし、時にはストレス発散のために起こす行動であることを忘れないようにしましょう。

長時間ふみふみしているときは、パーソナルスペースを主張していることもあります。

猫が安心できるように、環境を整えてあげてくださいね。

最新情報をチェックしよう!