後ろ足でふみふみするのはオス猫だけ?!それって発情期?

猫が足をふみふみするのには様々な理由があります。

  • 前足でする場合と後ろ足でする場合
  • 柔らかい場所でする場合と硬い床などでする場合
  • 性別

これらによって、ふみふみの理由は違ってきます。

それぞれに対応できるように、猫の習性について説明しますね!

床をふみふみは狩りの練習!

猫が固い床などでふみふみしている時、それは足踏みをしながら狩りのタイミングを計っているのです。

高い所へ飛び乗る前などの準備運動の場合もあります。

運動神経抜群の猫ですが、きちんとウォーミングアップをしているのですね!

肉球から臭いを出している?

「猫の体の中で特に肉球が好き!」という方は多いのでは?

猫の肉球の匂いについては、ポップコーンみたい、焼きたてのパンみたい、焦がしキャラメルみたい、などなど・・・好意的な意見が多いですよね!

実際に「猫の肉球の匂いのハンドクリーム」が商品化されたほどです。

確かに、猫の肉球には臭腺がありフェロモンを出しています。

そして、ふみふみすることで自分の気に入った場所などにその匂いを付けているのですね。

猫がふみふみする理由は?前足でのふみふみと後ろ足でのふみふみとは原因が違う!

  •  前足でのふみふみは性別にかかわらない
  • 後ろ足はオス猫だけ?

猫がふみふみする理由は、前足と後ろ足とでは異なります

それぞれ説明していきますね!

前足でのふみふみは性別にかかわらない

猫が、柔らかい毛布やクッション、飼い主さんのお腹などを前足でふみふみしている姿は本当に可愛いですね!

「ミルクトレッド」や「ニーディング」と呼ばれ、母猫の母乳を飲んでいた時のなごりです。

飼い主さんの体を、前足でふみふみするときは「大好き!」というメッセージ!

たっぷりスキンシップを楽しんでください。

後ろ足はオス猫だけ?

猫が前足でふみふみしているときはリラックスの状態ですが、後ろ足のふみふみには全く逆の意味があります。

後ろ足でふみふみするのは、発情期を迎えたオス猫だけなのです。

後ろ足のふみふみに加えて、大きな声で鳴く、腰をカクカク動かす、マーキングをするなど飼い主さんにとっては困ってしまう行動がみられることもあります。

オス猫が後ろ足でふみふみするのは発情期だから!?去勢した方がいい?

  • オス猫の去勢の最適な時期は?
  • 去勢手術のメリットデメリット

オス猫が後ろ足でふみふみしていたら去勢を考える時期かも…

オス猫の去勢手術について説明しますね。

オス猫の去勢手術の最適な時期は?

猫が性成熟するのは、個体差はありますが6ヶ月前後と言われています。

明確な基準があるわけではありませんが、去勢手術を受けるのは初めての発情の見られる前がよいでしょう。

猫の成長には個体差がありますので、かかりつけの獣医師と相談し最適な時期に受けられるようにしてください。

去勢手術のメリットデメリット

オス猫が去勢手術を受けるメリットは、精巣の病気の予防のほか、発情期にみられるマーキングや大きな声で鳴くなどの落ち着かない行動が治まることです。

交尾ができない状態で発情期を迎えるのは、猫にとって辛いことです。

デメリットは全身麻酔による猫の体への負担があることです。

術前の健康診断をしっかり受けたうえで、信頼できる獣医師のもとで行ってください。

去勢をしても後ろ足でのふみふみや鳴き声が変わらないときは?

発情行動が始まってから去勢手術を受けた場合、その後も後ろ足でふみふみしたり大きな声で鳴くなどの行動が治まらない猫もいます。

すぐには治まらなくても、時間をかけて徐々に回数が減っていく場合もありますので、しばらくは様子をみてもよいでしょう。

1年以上たっても変化がなく、飼い主さんが困るような場合は獣医師に相談してみるのもよいかもしれません。

オス猫の鳴き声も気になる!後ろ足でふみふみするのを止めさせたいなら

  • 発情期の場合は?
  • なわばり・マウンティングが原因なら?

 オス猫の気になる鳴き声や後ろ足ふみふみ、止めさせる方法ってあるのでしょうか?

発情期の場合は?

発情期にこのような行動が見られたら、繁殖を望まない場合は去勢手術を受けることをお勧めします。

すでに発情期を迎えていることから、去勢手術を受けても、すぐには治まらないこともありますが徐々に落ち着いてくることが多いようです。

なわばり・マウンティングが原因なら

複数の猫を飼っている場合に、このような行動がみられたら、その猫は、なわばりを侵されているように感じているのかもしれません。

それぞれの猫に合わせて居場所を分けたり、お互いの姿が見えないような場所で餌を与えたり、なわばりが侵されるストレスを取り除いてあげてください。

まとめ

猫が足をふみふみする場合には、様々な理由がありますが、特に飼い主さんを悩ませるのはオス猫の発情期にみられる後ろ足でのふみふみでしょう。

後ろ足でふみふみと同時に、大きな声で鳴いたり、メスを求めて落ち着かなくなるなど、オス猫にとっても飼い主さんにとってもストレスになる状態です。

このような場合は、適切な時期に去勢手術を受けることが必要になります。

安全に手術を受けることは猫にとっても多くのメリットがありますので、かかりつけの獣医師に相談の上、去勢手術を検討してみてくださいね。

最新情報をチェックしよう!